池田地区県政報告会

沼田市池田地区県政報告会を開催いたしました。

地元池田地区の皆様に大勢集まっていただきした。

自民党群馬県連の山本一太会長のスカイプによる生中継でご挨拶をいただき、初めての試みも大成功でした。
他にも、衆議院議員尾身朝子先生、地元永井敏博市議など、多くのご来賓の皆様にもお越しくださいました。

県政報告としては、平成23年県議選からの公約の進捗状況を中心にお話しさせてもらいました。

池田地区の皆様より、地域の課題を承りましたので、解決のため全力で取り組んで参る所存です。
皆様、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

薄根地区県政報告会

沼田市薄根地区県政報告会を開催いたしました。

薄根地区各町より大勢の皆さんにお集りいただきました。

ご来賓として、自民党群馬県連の山本一太会長、地元桑原敏彦市議らから、心温まる応援のメッセージをいただきました。
心より感謝を申し上げます。

県政報告は、平成23年県議選以来の公約の進捗状況を説明いたしました。

薄根地区の皆様と意見交換もさせていただき、地域の諸課題について真剣に議論もさせていただきました。

今後も全力で働いてまいります。
皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

第65回沼田市文化祭

沼田市文化祭 が開催されました。

開会セレモニーで挨拶をさせていただきました。

 華道、絵画、盆栽、書道、手芸、美術、自然など、沼田市民皆様による素晴らしく美しい文化作品・発表を拝見いたしました。

皆様、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

社会福祉法人とね虹の会 特別養護老人ホームとね虹の里新築工事内覧会

特別養護老人ホームとね虹の里の新築工事が完成し、内覧会が行われました。

とね虹の里の開所により、特別養護老人ホームが新たに80床整備されます。
これにより待機者の減少が期待されます。

高齢者介護施設として、地域福祉発展のために寄与されることを期待いしたいと思います。

(金井康夫事務所より)

平成30年度沼田市農業まつり

JA利根沼田本店にて、沼田市農業まつりが開催されました。

品評会に出展された立派な柿です。
美味しそうですね。

こちらはりんごです。
先日の台風が心配でしたが、中々の出来のようです。

他にも、なめこにピーマンなど野菜も豊富に出展されていました。

おなじみシャンティーさんです。
最近、オーパ高崎にも出店されて、沼田から群馬を代表するようなお菓子屋さんになりそうですね。

今年の沼田市農業まつりも素晴らしい農作物であふれていました。
まさに実りの秋ですね。
お会いした皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

平成30年度沼田市消防団点検

沼田市消防団点検が行われました。

服装点検、機械器具点検、部隊訓練、ポンプ操法訓練、中継送水訓練など日頃の消防団皆様の努力がよく分かる点検内容でした。

また、女性消防隊「ソレイユ」による初の訓練も拝見いたしました。

沼田市の安心・安全は、消防団の皆様によって担保されています。
深甚なる敬意と感謝を申し上げます。

これからも宜しくお願い致します。

(金井康夫事務所より)

白沢町上古語父地区 土砂災害後の対応について 

先日の台風によって、望郷ライン付近の沼田市白沢町上古語父地区において土砂災害が発生しました。

災害後、現在上古語父地区、沼田市、群馬県利根沼田環境森林事務所にて、治山工事で対応できないか検討しているそうです。

地元の方々が安心できますよう、しっかりとした対策を期待したいと思います。

(金井康夫事務所より)

台南でぐんまちゃん田んぼアート

群馬県と台湾台南市との交流事業として、台南でぐんまちゃんの田んぼアートを行っています。

http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2583197
(日本語の記事がなくて分かりづらいかもしれません)

台南市議会議長が群馬県との交流を重視して、今回の田んぼアートが行われています。

これからも益々台南と群馬の交流が盛んになれば幸いですね。

(金井康夫事務所より)

櫻井よしこ講演会

自由民主党群馬県ふるさと振興支部主催のもと、国家基本問題研究所理事長である櫻井よしこ氏の講演会が前橋市で開かれました。

櫻井先生に開会前にご挨拶をさせていただきました。

誠に僭越ながら、自民党県議団長として、司会を致しました。

群馬県内より約400人が参加です。
平日の日中でしたが、大勢の参加で、関心の高さが伺えます。

講演の演題は、「美しい日本の憲法を国民の手で」。
櫻井先生からは、緊迫する世界情勢の中で、わが国日本が国益を守らねばならぬこと、日本人が日本人らしく生きる国を土台として守ることが主張されました。
そのためには、憲法改正しかない、と訴えられました。

世界の変化は目まぐるしく、この状況に政治は現実な選択肢を取らねばなりません。
自衛隊を憲法の条文でしっかりと規定し、国を守るため、憲法改正をせねばなりません。

櫻井よしこ先生、集まった皆さん、誠に有り難うございました。

(金井康夫事務所より)