平成30年度利根地方総合開発協会要望活動

利根沼田地域の行政関係者で構成される、利根地方総合開発協会にて群馬県知事並びに各担当部長へ要望行動を行いました。

それぞれ各市町村より要望が出されました。

利根沼田に山積する行政課題の解決のために、地元県議として今後も頑張ってまいります。

(金井康夫事務所より)

利南地区新町 県道戸鹿野下之町線についての要望 解決

沼田市利南地区新町地内、県道戸鹿野下之町線の歩道に枯葉・土砂が溜まっていました。該当箇所は、住民も居なく、秋春に行っている沼田市内一斉道路清掃で行うこともできません。
また、擁壁より草木が伸びて、垂れ下がっていました。この歩道は、升形小学校、沼田南中学校、利根実業高校の通学路で、雨の日に子供が歩くのに大変で、保護者からも苦情の声が出ていました。
管理者の沼田土木事務所へ地元要望として話をつなぎ、該当箇所は民地ながら所有者も不明で地元対応も難しいため、特段のご配慮をいただき、木の伐採と土砂の取り除きをしていただきました。

沼田土木事務所へ心より感謝いたします。

地元の方々の大変喜ばれております。

(金井康夫事務所より)

東原新町 国道120号線安全対策要望 解決

沼田市東原新町地内、国道120号線上の安全対策要望が出ていたのですが、解決しました。

東原新町地内のローソン跡地前付近で、スピードを出す自動車が多く、地域住民の車両の出入りする際大変危険だと、不安の声が上がっていました。

昨年平成29年に、亡くりました林清史元市議、区長、地元住民、沼田市生活課より要望をいただき、沼田土木事務所へ話をつなげました。

沼田市生活課・沼田土木事務所と沼田警察署で協議された結果、該当箇所に、路面標示で「速度を落とせ」と注意喚起をしていただくことで対応していただきました。

沼田市生活課、沼田土木事務所、沼田警察署へ心より感謝を申し上げます。

地域住民の方々も一安心ですね。
林清史さんも一安心されていると思います。

(金井康夫事務所より)

 

下川田町 国道145号線 安全対策要望 解決

沼田市下川田町地内、国道145号線上の安全対策要望が出ていたのですが、解決しました。

星野商店から川田簡易郵便局にかけて、スピードを出す自動車が多く、地域住民の車両の出入り、また子ども通学上大変危険だと、不安の声が上がっていました。


今回、地元の茂木清七市議、区長、地元住民より要望をいただき、沼田土木事務所へ話をつなげました。

該当箇所に、路面標示で「速度を落とせ」と注意喚起をしていただくことで対応していただきました。

沼田土木事務所へ心より感謝を申し上げます。

地域住民の方々も一安心ですね。

(金井康夫事務所より)

玉原湿原のミズバショウ食害対策に係る相談 パート2

当事務所にて、中曽根康隆代議士をお迎えし、利根沼田自然を愛する会より玉原湿原のミズバショウ食害対策に係る相談を受けました。

2010年ごろより、沼田市の玉原地区における主にシカによるミズバショウの食害被害が酷くなっています。

玉原地区は国有林を沼田市が借り受けているものでして、国(環境省)への働きかけがまず必要となっていきます。

中曽根代議士には国の関係機関によく確認をしていただいて、国と県と市とで密に連携して対処して参りたいと思います。

(金井康夫事務所より)

利根町平川地区 要望 解決

利根町平川地区の鎧橋において、車両が曲がって橋に入る際に、下のコンクリート部分に乗り上げてしまう、という要望を承ったのですが、解決しました。

当初地元の方より、該当箇所を削ってほしいと要望されたのですが、沼田市建設課に尋ねたところ、道路構造上できないということでして、注意喚起のポールを立ててもらいました。

沼田市で6月12日に現地を確認し、翌13日には設置というスピード解決でした。

対応してくれた沼田市建設課に感謝を申し上げます。

地元の方々も一安心だと思います。

(金井康夫事務所より)

6次産業化講習

白沢地域特産物直売所利用組合にて、6次産業化についての講演会と事例紹介を開催しました。
講師として、群馬県農政部ぐんまブランド推進課、群馬県商工会連合会経営支援課より、それぞれの職員の方をお招きしました。
この講演会は、組合、地元の小野要二・中村浩二両市議の調整がありまして実現しました。
誠に有り難うございます。

講演会では、6次産業化の概要、国と群馬県の取組・補助事業・」ファンド、群馬県内の事例紹介と、充実した内容を分かりやすく説明していただきました。

事例紹介の中で、今回地元の沼田市東部商工会がつくった「大人のプレミアム アップルサイダー」が紹介されました。
実際飲みましたが大変おいしく、今までのアップルジュースとは一味違いますね。

6次産業化というとハードルが高いと感じますが、相談体制や支援体制が整っています。
ご興味のある方は、下記の連絡先までまずはご相談されてみてはいかかでしょうか。

沼田市東部商工会
0278-53-2978
群馬県商工会連合会(群馬6次産業化サポートセンター)
027-231-9779

(金井康夫事務所より)

国道145号 融雪施設修繕要望 解決

国道145号線上の川田小学校交差点の融雪施設より漏水しているということで、地元の茂木清七市会議員より修繕して欲しいという要望を承ったのですが、解決しました。

 

これから冬季を迎えるにあたり、路面凍結の恐れがありまして、大変危険な状態でした。

いつものように沼田土木事務所の迅速な対応により、解決しました。
誠に有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

平成29年度拉致問題講演会

平成29年度拉致問題講演会が川場村文化会館にて行われました。

今回初めて、群馬県、利根沼田市町村、北朝鮮拉致問題解決促進議員連盟、「救う会群馬」、「群馬ボランティアの会」の共催のもと開催されました。

講師は、特定失踪者問題調査会代表・荒木和博さんです。

群馬県内でも、北朝鮮による拉致の疑いが濃厚な特定失踪者は4名もいらっしゃいます。

この問題の解決には、最終的には政府の決断と粘り強い交渉が必要となってきますが、何よりも「被害者を救出しなければならない」という国民の強い意志が重要となってきます。
拉致問題解決のため、被害者救出のため、群馬県議会議員としてできる限りのことはやって参ります。
皆さん、一人でも拉致被害者を救出するためにご協力を宜しくお願い致します。

(金井康夫事務所より)

厚生文化常任委員会県内調査

委員長をつとめる県議会厚生文化常任委員会にて、県内調査を行いました。
調査先は、地元沼田市です。

最初に訪問したのは、沼田市民体育館です。
ご存知の方も多いでしょうが、沼田市は今年7月7日に東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンに登録されました。
ドイツフェンシング協会の事前合宿始め、これからフェンシングの国際競技を行えるよう改修工事に入ります。
今回の調査では、市からホストタウン登録決定の経過をご説明していただき、スポーツ振興の観点から大いに参考となりました。
また、改修工事にあたり、県より支援をいただきたいと要望を承りました。

群馬テレビも取材に来ていました。
県政を知っていただく良い機会になれば幸いです。

 

横山市長始め、沼田市の皆さん、有り難うございました。

 

続いての調査先は、内田病院の「いきいき未来のもり」です。
この施設は、保育園、学童クラブ、障がい児デイサービス、未就学障がい児療育訓練の場、高齢者通所介護施設が一緒になった複合施設です。
「0歳から100歳まで」をコンセプトにして、子供やお年寄り、障がいのある子供たちが交流を図ることで、お互いを思いやり、支えあう心を育む居場所づくりを目指されています。

 

 

調査後、群馬テレビのインタビューを受けました。
放送は12月末「県議会リポート」になるそうですが、決まりましたらご連絡いたします。

内田病院の皆さん、有り難うございました。

今回の調査を、県政の場で大いに活かしたいと思います。

(金井康夫事務所より)