平成30年度「群馬のふるさと伝統文化」支援事業補助金の募集について【4月20日締切】

今年も「群馬のふるさと伝統文化」支援事業補助金の募集があります。
本事業は、群馬県内各地域で伝統文化を守り、伝え、育てていこうとする継承活動に対し、財政的支援を行うものです。

地域の祭りの太鼓購入や、伝統芸能のDVD化等に補助することが可能です。

詳しくはリンク先をご覧になっていただければと思います。
http://www.pref.gunma.jp/03/c4210024.html

4月20日が締め切りとなっておりますので、お早めにご検討していただき、是非ご応募してみてください。

宜しくお願い致します。

(金井康夫事務所より)

群馬石州会創立35周年記念 早春の茶会

群馬石州会創立35周年を記念しての早春の茶会が開催されました。

場所は川場村の吉祥寺でした。

春を目前とした気持ちの良い晴天、美しい庭を眺めながらの茶会は格別でした。

石州会の皆さん、誠におめでとうございました。
またご一緒した皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

第14回岡谷町ふれあい文化祭

岡谷町ふれあい文化祭が開催されました。

押絵、生け花、水彩画、書道と、アマチュアとは思えない素晴らしい作品が並びました。

布工芸によるお犬に、竹工芸によるかえる、です。
可愛らしい作品も沢山並びました。

毎度のことですが、市民皆様の伝統的で、時には創意工夫が凝らされた文化作品を拝見すると、心が和みます。
皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

2018老神温泉びっくりひな飾り

利根町観光会館にて、老神温泉びっくりひな飾りが開催されています。

鴻巣市でも「びっくりひな祭り」というものが開催されていますが、老神温泉の「びっくりひな飾り」は同市と沼田市との交流から生まれました。

最初は、これほどのひな飾りではでは無かったのですが、徐々に増やされ、今では
4500体以上のひな人形が揃い、幅18m高さ3.8mの特設ひな壇は圧巻です。
関係各位の皆様のご努力に敬服します。

ひな祭りの起源は諸説ありますが、一説には平安時代に遡ると言われます。
由緒正しい、日本の伝統行事ですね。

今は中々各家庭でひな飾りをするのが難しくなっていると思いますので、是非ご家族でお出かけいただければと思います。
4月1日まで開催中です。
ひな飾りを見て、温泉に入るのも良いでしょうね。
宜しくお願い致します。

(金井康夫事務所より)

桔梗館

平成29年11月、県立沼田高校創立120周年記念事業の一環として、構内に保管されていた歴史的・文化的価値のある諸資料を管理・展示する「沼高郷土資料室 桔梗館(けっこうかん)」が整備されました。

美術・歴史部門、考古部門、自然(尾瀬室)部門、校史部門の4つに分かれています。

旧土岐家関連の資料や縄文土器、尾瀬産特殊植物標品など、大変価値のある資料が展示されています。
興味深く拝見いたしました。

伝統(tradition)とは、数えきれないくらい多くの人々が後の世に残すことが正しいことと判断し、伝え来られ(trade)しものです。
一つの世代では得られないものだからこそ、尊いものなのです。

桔梗館はどなたでも入館できます。
貴重な資料を是非ご覧になっていただければと思います。

(金井康夫事務所より)

第24回生涯学習フェスティバル・第47回公民館まつり

生涯学習フェスティバル並びに公民館まつりが開催されました。

閉会セレモニーで挨拶させていただきました。

柳派賞、学術文化特別賞、社会教育功労者賞、体育特別賞と各表彰も行われました。
各々の分野でのご功績を称えます。
誠におめでとうございます。

(金井康夫事務所より)