白沢地区県政報告会

白沢地区にて県政報告会を開催いたしました。

大変お忙しい中を、横山公一市長にもご出席をいただきました。

県政報告では、県議会厚生文化常任委員長として、沼田市が東京五輪ホストタウン登録されたことに関し県としてバックアップをお願いしていることや、コンニャクやリンゴ、米など地元特産物をこれからより発展させて行くことなどをお話ししました。

地元の方々ともゆっくり意見交換をすることができました。
有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

公明党新春の集い

前橋グリーンドームにて、公明党新春の集いが開催されました。

公明党代表の山口那津男氏、石井啓一国交大臣と豪華なメンバーが集いました。

群馬県内の公明党の方々と良い意見交換ができました。
皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

片品村菅沼 国道120号 夜間の通行止めも解除へ

1月4日早朝、片品村菅沼の国道120号脇ののり面で雪崩が発生しました。
翌5日より沼田土木事務所による復旧作業を行っておりますが、現在朝7時より夕方5時まで片側通行が可能ですが、これが20日からは24時間片側通行が可能となり、夜間も通行ができるようになります。

群馬県建設協会、沼田土木事務所の早急な対応に感謝申し上げます。

(金井康夫事務所より)

平成30年群馬県歯科医師会新年祝賀会

厚生文化常任委員長として、群馬県歯科医師会新年祝賀会 に出席いたしました。

村山県歯科医師会長、大澤県知事、萩原県議会副議長らと良い意見交換をすることができました。
群馬県の歯科衛生のために頑張って参ります。
皆さん、有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は大変お世話になりました。
心より感謝と御礼を申し上げます。

元日より、沼田市内各所へご挨拶に伺っています。
写真は秋塚町新年会での様子です。
皆さんと良い意見交換ができました。
有り難うございました。

今年も沼田市民皆様の幸せと、利根沼田を始め群馬県発展のために全力で頑張って参ります。
今後も変わらぬご指導ご鞭撻をいただきますようお願い申し上げます。

結びに、皆様が今後益々ご健康でご活躍されますことを祈念申し上げ、年頭のご挨拶に代えさせていただきます。

(金井康夫事務所より)

利根地区県政報告会

利根地区にて、県政報告会を行いました。

報告会では、約40年かかった市道輪組輪久原線拡幅事業(過疎代行)が今年度中に完了の見通しのこと、市道追貝中央線における千歳橋架け替えや一般県道日向南郷大原線道路整備促進について取り組んでいることを申し上げました。

遅い時間まで、利根地区の皆様と時に真剣に時に楽しく語り合いました。
有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

川田地区県政報告会

川田地区にて、県政報告会を行いました。

川田地区では、今年、一般県道小日向沼田線の整備促進、一般国道145号線道路整備促進あるいは、利根川の護岸整備等について要望を承り、取り組んで参りまして、着実に進んでいることご報告いたしました。

川田地区の皆様と意見交換することもできまして、非常に良い県政報告会となりました。
有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

国道145号 融雪施設修繕要望 解決

国道145号線上の川田小学校交差点の融雪施設より漏水しているということで、地元の茂木清七市会議員より修繕して欲しいという要望を承ったのですが、解決しました。

 

これから冬季を迎えるにあたり、路面凍結の恐れがありまして、大変危険な状態でした。

いつものように沼田土木事務所の迅速な対応により、解決しました。
誠に有り難うございました。

(金井康夫事務所より)

日台交流議員連盟 伊香保・佛光山法水寺 視察

日台交流議員連盟で、伊香保で建設中の佛光山法水寺を視察しました。

こちらは、台湾の仏教・臨済宗の「佛光山寺」の日本総本山とされる寺院です。
2002年に土地を取得し、2014年に本体工事が着工されたものです。
約60億円をかけ建設中で、かなり巨大です。

寺院からの眺めは壮大です。
来年春完成予定ですが、現在も申込をすれば一般の方も入れるようです。

座禅をさせてもらいました。
貴重な体験です。

こちらは、よく見るれば分かりますが全て仏様です。

大仏様の前で記念撮影です。

こちらは、総住職の釈満潤さんです。

佛光山が伊香保で建設されたのは、群馬県と台湾が交流を積み重ねた結果です。
来月には、日台交流議員連盟で、台湾の佛光山本山を訪問する予定です。
日台のさらなる友好と発展のため頑張って参ります。

(金井康夫事務所より)

議会基本条例推進委員会 県外調査

議会基本条例推進委員会にて、県外調査を実施しました。

訪問先は、兵庫県議会です。

兵庫県議会では、平成24年より県民から意見を聴く機会を設け、委員会活動の理解促進のため調査時に県内各団体との意見交換会を行っています。
また、若者の政治参加を促すため、若者からの意見を聴くことにも積極的です。
そうした観点から、今回調査を行いました。

注目したのは、議場における車椅子席、親子席の存在です。
足の悪い方、親子連れの方でも議会を傍聴できる工夫がされています。

群馬県議会でも取り入れたいと積極的に考えています。

大変勉強になりました。
お世話になりました皆さんに感謝申し上げます。

(金井康夫事務所より)