老神温泉そば祭り

老神温泉そば祭りに顔を出させてもらいました。

弐段に挑戦する方々ですが、真剣さが伝わりますね。

 

外では実践、実食を恒例の通り、行っていました。
蕎麦は健康にもいいし、美味しいし、言うことないしですね。

私の大好物の一つです。

(金井康夫事務所より)

特養待機が初の減少に

群馬県内の特別養護老人ホームの入所待機者が、8,878人(前年比87人減)となり、調査を始めた2002年以降で初めて減少に転じました(5月1日現在)。

これは、県議会の一般質問で、自民党の大林俊一県議の質問に、片野清明健康福祉部長が答えて、分かったことです。

公約の進捗状況でも触れた通り、特養の増床、施設整備の成果が出たものと言えます。

もちろん、まだまだ9,000人近くの待機者がおりますので、県民のニーズに答えられるよう、一層努力してまいります。

(金井康夫事務所より)

文教警察常任委員会 警察所管 

本日、警察所管の委員会審議が執り行われました。

平成24年度群馬県一般会計補正予算(警察本部関係)

総額 102,576千円 その主な内容は、
・取り調べ録音・録画装置の整備                         15,576千円
・自動車ナンバー自動読み取り装置の更新整備    30,000千円
・信号機の新設                                                     38,000千円
・標識・標示の更新整備                                        19,000千円

その他暴力団排除条例の一部を改正する条例について報告がありました。

私からの質問は以前から地元要望のあった鳥獣害被害に対する猟友会の技術講習の緩和について質問させていただきました。

昨年まで環境農林常任委員会に所属しておりましたが、猟友会の規制緩和について要望をさせていただいておりました。その後、鳥獣被害防止特措法に係わる共同命令が警察庁保安課から出されました。 これにより、特措法に基づき市町村が設置した「鳥獣被害対策実施隊の隊員」は当分の間技能講習の受講が免除になること、また、特措法に基づき策定された被害防止計画に基づく有害鳥獣捕獲に従事している者については、平成26年12月3日まで技能講習が免除になることが決まりました。

現在、私どもが住んでいる山間部においては、狩猟者の高齢化や地域全体の過疎化によって有害鳥獣捕獲を実施する人が減り、場合によっては狩猟者がいない状況となっています。これらの状況を解消するため、鳥獣被害防止特措法の改正によって、技術試験の緩和の実現となりました。
今後更に警察庁、農水省、環境省で地域に沿った法整備をお願いしたいと思います。

文教警察常任委員会 初日

本日、常任委員会初日の審議が行われました。
本日は教育部門です。

補正予算として9310万円の増額となりました。

主なものは
・みやま養護学校藤岡分校 3500万円 ・榛名養護学校吾妻分校     1220万円 ・みやま養護学校富岡分校 3250万円など
これらによって未設置区域が解消となります。

これらの設置によって約100名の入学となる予定です。 今後必要なの一人一人の子供に対応が重要です。先生との共通認識によって、きめ細かい学校を目指すこととなっています。また地域の拠点校を目指して特別支援教育を目指すこととなります。

先進校として、健常者とハンデのある子供達が一緒に教育で来ている沼田市の榛名養護学校を参考として今後設置を目指すようです。

私からは二点について質問させていただきました。

1,小中学校放射性物質の群馬県としての対処指導について

2,学校給食の放射性物質の検査について

1点目の放射性物質についてですが、白沢小学校で高レベルの放射線物質が検出されたことから群馬県教育委員会としてもしっかりサポートしてもらうように要望しました。
2点目の学校給食ですが、群馬県内市町村の給食の検査についてマチマチとなっているので群馬県教育委員会から検査に統一性をもたせるように教育長に要望させていただきました。今後校長会で話をしていただくとの答えを得ました。

文教警察委員会初日でしたが、すべての委員から活発な意見が交わされました。
明日は警察担当の委員会です。
これから質問について、まとめに入らなくては。

八ッ場ダム 状況報告

八ッ場ダムの現状に関する資料を添付させていただきます。

 

 

 

 

 

 

今後は官房長官裁定によって、決まるものとなっています。
有識者会議5回目が昨日行われたようですが、共通の認識のずれによって、今後さらなる検討を行う予定となっています。

地元住民は半世紀もの間、翻弄されてきています。

特例公債法案もそうですが、そろそろ決める政治を行ってもらいたいものです。

地方が国の政策に翻弄され続け、疲弊しています。
一日も早い決める政治を行うべきであります。

 

(金井康夫事務所より)

 

産業展示即売会・揚げ上げフェスティバルのお知らせ

10月6日(土)・7日(日)、毎年恒例の産業展示即売会が開かれます。
いつもは沼田小学校で行われるのですが、今年は沼田公園野球場が会場となります。

また、昨年より始まった「揚げ上げフェスティバル」との同時開催です。

詳細をこちらに添付します。
皆さん、是非遊びに出かけてくださいね。

 

 

(金井康夫事務所より)

優良自動車運転者等表彰式

優良自動車運転者等表彰式に出席させていただきました。

 

 


表彰式では40年以上無事故無違反から5年以上まで幅広く表彰されました。
受賞者の方々には、日ごろからの安全運転について敬意を感じます。
おめでとうございました。

最近沼田市でも酒気帯びで死亡事故が起きたばかりです。

秋の交通安全週間となっていますので、安全運転を心掛けて今日も県庁に向かいます。

 

(金井康夫事務所より)

りんご園とぶどう園のマップ

金井康夫公式HP内の利根沼田旬観情報を更新いたしました。

http://www.yasup.jp/farm.html

利根沼田地域のりんご園とぶどう園のマップを作りました。

この秋、りんご狩りやぶどう狩りをする際の参考にしていただければと思います。

(金井康夫事務所より)

 

明日の利根沼田を担う若手経営者たち 9月15日

利根沼田の若手経営者の勉強会で、県政報告をさせていただきました。

テーマは、「この地域の今後の展望と発展」。
群馬県と国の財政状況、利根沼田の経済状況、そして今後の利根沼田の発展の可能性を秘めた「バイオマス発電」について、話させていただきました。

 

 

 

若手経営者の皆さんです。
みなさんの、利根沼田を思う熱い気持ちが伝わりました。

報告の後、皆さんと意見交換をさせてもらいました。
まさに談論風発、自由で闊達な意見が飛び出し、刺激を受けました。

今回、「若い人にどう政治に興味をもってもらうのか」という問題提起が若手の皆さんから出されました。
以前、「無党派層は寝ていてくれればいい」なんてこと言った人がいますが、そのようにならないためにも責任を感じました。

難しいですが、わかりやすいのは若手の代表として誰かが立候補し、共感できる政策を提示して、それを同じ若者が応援する、ということが考えられます。
今の維新の会というか橋下市長などわかりやすいかもしれませんね。

若者に馴染みやすいネットというツールを使って、どんどん宣伝していくのも手です。

農業を担う若手があぐらを掻いている、という意見も飛び出しました。
TPPに参加してから突然焦りだすかもしれませんが、それでは遅いのです。

利根沼田は様々な問題を抱えています。
どん底のような状況ですが、がむしゃらに頑張れば光が見えてくるのではないでしょうか。

明日の利根沼田を担う若手経営者の皆さんと協力しながら、努力してまいります。

(金井康夫事務所より)

沼田市消防団第4分団 応援旗

全国大会に出場する、沼田市消防団第4分団の応援旗に署名させてもらいました。

 

群馬県大会ではダントツの優勝でした。
日ごろの練習の成果を思う存分発揮してください。

全国大会でも優勝を目指して、頑張っていただきたいと思います。

(金井康夫事務所より)