「拉致」救出国民大集会

北朝鮮による拉致被害者の早期救出を呼びかける、「拉致」救出国民大集会へ参加いたしました。

DSC_0398

1970年代から1980年代にかけて、多くの日本人が不自然な形で姿を消しましたが、これからの事件の多くには、北朝鮮による拉致の疑いが持たれています。
日本政府は、これまでに17名を北朝鮮による拉致被害者として認定していますが、さらにこのほかにも拉致の可能性を排除できないケースがあります。
平成14(2002)年9月に北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、同年10月に5人の拉致被害者が帰国しましたが、そのほかの被害者については、いまだ北朝鮮から安否に関する納得のいく説明はありません。
残された被害者たちは、今なお全ての自由を奪われ、およそ30年もの間北朝鮮に囚われたままの状態で、現在も救出を待っています。

1367041379543

 

北朝鮮による日本人拉致は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、北朝鮮に残されている全ての拉致被害者の安全を確保し、速やかに日本に連れ戻さなくてはなりません。

(金井康夫事務所より)