沼田市自主防犯パトロール隊 群馬県警察本部施設見学

沼田市自主防犯パトロール隊の皆さんが、県警本部・県庁・県議会の施設見学にいらっしゃいました。

1467455_530496853713974_506237057_n[1]

 

自主防犯パトロール隊の結成以来、10年で犯罪は半減しました。
皆さんのおかげです。
感謝申し上げます。

今回の施設見学では、各町内の代表格の方がお見えになったわけですが、相互交流となり、今後の活動の発展になれば幸いです。

(金井康夫事務所より)

たんばらスキーパーク安全祈願祭

たんばらスキーパーク安全祈願祭が執り行われました。

DSCF6906

 

DSCF6907

こちらは、たんばらの新しいゆるキャラ「ブラックたんばりんくん」です。
悪そうな感じがしますね。

冬期は、利根沼田にとってメインといっても過言ではない観光シーズンですが、お客様にとって無事故の安全なスキー場であって欲しいですよね。
今年度も、たんばらが安心のスキー場となりますことをご祈念申し上げます。

(金井康夫事務所より)

国道120号椎坂バイパス トンネル開通式

平成25年11月22日、国道120号椎坂バイパス・トンネルが開通しました。

平成21年に群馬県が本工事に着手し、総事業費は約84億円に達しました。
椎坂峠の35カ所あったカーブが、4カ所に減りました。
移動時間も、通常時は14分から5分、積雪時は25分から7分と大幅に短縮されます。

DSCF6838

開通式には、大澤知事、衆参国会議員、県議会議長、利根沼田の市町村長・議会議長、関係議員ほか約200名の方々が集まりました。
ここに来られなかった、歴代の首長・県議会議員・市町村議員も含め、先人の皆様の並々ならぬ努力の上、この事業が完成したことを感じました。
皆様に感謝です。

DSCF6870

 

DSCF6872

テープカットには、ぐんまちゃんも参加です。

DSCF6881

セレモニーには、老神の世界ギネス記録108mの大蛇みこしも出ました。

DSCF6902

老神に場所を移し、祝賀会も執り行われました。

DSCF6905

 

先人に改めて感謝申し上げます。
このトンネルの開通を今後の更なる発展に活かしていきたいですね。

(金井康夫事務所より)

みやぎの農業・農村 復旧・復興パネル展

県庁で開かれた「みやぎの農業・農村 復旧・復興パネル展」を見学いたしました。

20131115_120240

 

20131115_120218

 

復旧・復興も少しずつ進んでいますが、まだまだ満足にいかないのが現状です。
可能な限り、支援していきたいと思います。

(金井康夫事務所より)

惜春会40周年・大正琴愛好会演奏会35回 合同祝賀会

惜春会40周年・大正琴愛好会演奏会35回の合同祝賀会が行われました。

惜春会は、昭和48年7月退職女性教員7名で、発足されました。
童謡、唱歌などを主として歌われ、惜春会と名付けられて毎月第2木曜日を集会日と決めて集まられていました。
口コミで会員になりたいと増えて坊新田町の愛宕会館に場所を移され20年、「知らない歌は歌わない、独りでは歌わない、人前には出ない」をモットーに参加者のみで歌われていましたが、手狭になったところで、場所を沼田中央公民館に移され、現在に至っています。

大正琴愛好会は、昭和48年3月に西原新町の婦人会有志で始められました。同年11月には、公民館まつりに出演され、公民館で初心者教室も始め、珍しさもあり段々と会員も増えていったようです。
平成4年11月より、利根沼田大正琴愛好会連盟として運営される事になり、組織化されました。
発表会以外にも、郷土芸能祭・市民音楽祭・邦楽舞踊発表会・町村の芸能祭などにも出演、その他老健施設慰問・町内の催し物等、諸々にかつ

今回、惜春会40周年、大正琴愛好会演奏会35回ということでして、合同祝賀会が行われた訳です。

H25.11.14 惜春会40周年・大正琴演奏会35回 合同祝賀会

写真は、特別出演のロイヤルハワイアンズです。

皆さん、おめでとうございました。

(金井康夫事務所より)

第60回 沼田市文化祭

沼田市文化祭が始まりました。
今回は、第60回と節目の年になりました。

20131102_105659

各団体が、中央公民館にて、展示をされています。
こちらは、利根沼田自然を愛する会さん。
カメラトラップの写真を見せてもらい、大変参考になりました。

1383350508107

こちらは、エーデルワイス合唱団です。
素晴らしい歌声でした。

文化祭功労者表彰式も行われ、102名の方々が表彰されました。
おめでとうございます。

利根沼田には美しい文化が存在します。
沼田市文化祭の今後ますますの発展をご祈念申し上げます。

(金井康夫事務所より)