新年県政報告会

新年の県政報告会を開催いたしました。

IMG_1471-1

今回初の試みとして、青山社中株式会社筆頭代表CEOの朝比奈一郎先生をお迎えして、特別講演会を実施いたしました。

IMG_1398-1

朝比奈先生は、経済産業省の官僚であった2003年に、プロジェクトK(新しい霞ヶ関を創る若手の会)を立ち上げられ、初代代表に就任されました。
2005年には、プロジェクトKとして霞が関改革案を出版され、以来、小泉内閣、第1次安倍内閣、鳩山内閣の要人等に対して改革案を直訴され、一部を実現されました。
2010年11月、経済産業省を退職され、現在の青山社中株式会社を設立されました。政党や選挙候補者向けの政策づくりなどを柱とするシンクタンク事業と、若手のリーダー養成塾事業を中核事業として実施され、各方面においてご活躍されています。

テーマは、「やり過ぎる力とその向こう側 ~企てる力をつける~」です。

先生の著書『やり過ぎる力』を踏まえ、リーダーシップ論、「企てる力(構想力)」についてご教授いただきました。

H26.3.19

今回報告会ということで、お話を聞くだけだったのですが、350名もの方々にご出席いただきました。
ありがとうございます。
皆さん、真剣な表情で朝比奈先生の講演に耳を傾けていたのが印象的でした。

IMG_1357-1

こちらは、スタッフとして活躍してくれました後援会役員・青年部とのショットです。

講師を務めてくれた朝比奈先生、ご来場者の皆様、後援会役員・青年部の皆様に改めて感謝申し上げます。

県議会議員初当選以来、もうすぐ3年になります。
今後も初心を忘れず、利根沼田発展のために頑張って参りますので、皆様ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

(金井康夫事務所より)

豪雪による被災農業者への支援対策について

2月14日より降り続けました記録的な豪雪に関しまして、農水省が支援策を発表いたしました。
農業被害を受けた農業者が農業経営を維持していくために必要な農産物の生産施設の復旧等等の経費を支援する、というのが主な内容です。

〇助成対象者について
今冬の大雪による農業被害により農業用施設等が被災した者(市町村から被災証明を受けていること)であって、地方公共団体による支援や融資を受けて、被災施設の復旧等、又は倒壊したハウス等の撤去を行うことにより農業経営を継続しようとする農業者。

〇支援対象
(1)農産物の生産に必要な施設の復旧又は気象災害による農業被害前の当該施設の取得
(2)農産物の生産に必要な施設を修繕するために必要な資材の購入
(3)(1)と一体的に復旧し、又は取得する附帯施設の整備
(4)倒壊した農産物の生産に必要な施設の撤去

補助率

・上記(1)~(3)の復旧・整備については、国が費用の5/10(つまり1/2)を負担。残りの5/10については、現在群馬県と市町村が4/10を負担し、農業者には1/10(つまり1割)を負担という配分で調整しています。
県議会としては、3月11日に本会議を開いて審査を予定しています。
県が2/3、市町村が1/2という配分で調整中ですが、国・県市町村が再建に係る費用の9割を補助し、農業者の方の負担は1割で済む方針です。

・上記(4)の撤去については、農業者負担のないように定額助成されます。国が1/2、地方公共団体が1/2を負担いたします。
定額助成の単価については、下記の通りです。
①被覆材がガラスのハウス 1,200円/㎡(※1反約1000㎡なので、1反当り120万円助成される計算です)
②被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨のハウス 880/㎡
③被覆材がプラスチックで骨材が鉄骨でないハウス(自力撤去以外) 290/㎡
④ ③と同じハウス(自力撤去) 110円/㎡

お問い合わせにつきましては、利根沼田農業事務所( 0278-23-0188 )までお願い致します。

農家の方々が、1日でも早く負担が少なく復旧し、農業を再開されることを祈念申し上げます。

(金井康夫事務所より)

産経土木常任委員会 県内調査

産経土木常任委員会にて、県内調査を実施いたしました。

場所は、前橋市の県立敷島公園競技施設(正田醤油スタジアム群馬、上毛新聞敷島球場)です。

20140303_091215

県立敷島公園には、本県を代表する各種競技施設が整備されており、本県のスポーツ・レクリエーション活動の拠点となっています。そこで、平成24年度3月の国の大型補正予算を活用して、大規模なスポーツ大会を誘致する環境を整えるとともに、利用者が快適に楽しく競技できるように施設の改修に取り組んでいます。
正田醤油スタジアム群馬(陸上競技場)は、県内唯一の日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場として各種競技会が開催されるとともに、ザスパクサツ群馬のホームスタジアムとして知られています。今回の改修では、文字情報しか映せなかった大型電光掲示板を動画も放映可能な大型映像装置に改修する工事や座席数を10,120席から15,700席に増やすサイドスタンド拡張工事等を実施しています。なお、大型映像装置及び拡張されたサイドスタンドは3月9日に開催されるザスパクサツ群馬ホーム開幕戦から供用を開始する予定です。
上毛新聞敷島球場(野球場)は、昭和7年開場という歴史をもち、以来、本県野球のメインスタジアムとして利用されています。開場後何度か大規模改修を実施していますが、近年は毎年プロ野球の試合が開催され、多くの県民に楽しまれています。今回の改修では、得点や選手名等しか表示出来なかったスコアボードを動画も放映可能な大型映像装置に改修する工事や、身障者用トイレの改修工事等を実施しており、3月22日に開催される群馬県選抜少年学童軟式野球大会から供用を開始する予定です。
そこで、県内で初めて陸上競技場と野球場に導入された大型映像装置等について、その現況を調査しました(以上、県議会HPより)

 

20140303_092337

 

20140303_093243

 

20140303_093731

特にザスパクサツ群馬チームには、J1昇格を目指して頑張ってもらいたいと思いますので、応援していきたいですね。

(金井康夫事務所より)

沼田市邦楽協会 理事会

みなかみ町の聚楽で行われました沼田市邦楽協会さんの理事会にお呼ばれしました。

img363邦楽協会さんは、市内のお琴や尺八などの様々な邦楽関係団体によって構成されているます。
仕事や家庭の合間を縫っての趣味の会でございますが、各種の発表会にお邪魔しますと素晴らしい演奏を聴かせてもらいます。
利根沼田の美しい文化を発信する団体として、沼田市邦楽協会さまの今後ますますのご発展をご祈念申し上げます。

(金井康夫事務所より)

金井康夫後援会 県議会一般質問傍聴

2月24日に一般質問を致しましたが、後援会の皆さんが傍聴にきてくださいました。

DSCF7639

2月14日深夜より降り続けました記録的な豪雪の影響がまだ強く残る中、50名もの方々にお集まりいただきました。
深く感謝申し上げます。

DSCF7658

傍聴の前に、県警本部見学です。
皆さん、普段なかなか見られないということで興味津々でした。

image(弁当)お昼は、牛や清さんのぐんまちゃん弁当です。
大変美味しく、皆さん大満足でした。

DSCF7671

傍聴前に、議会事務局職員さんより、丁寧なご説明をいただきました。
ありがとうございまいした。

※議会内は撮影禁止なので、写真はなしです。

DSCF7673-1

傍聴を終え、最後に記念撮影を行いました。
皆さん、ありがとうございました。

今回、アベノミクスの本県への経済効果、軽自動車の増税、県施設の電力入札、といった点について質問させていただきました。

これからも利根沼田から県政を変えるため、粉骨砕身努力致しますので、皆さん今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

(金井康夫事務所より)