平成27年 大晦日

DSCF8819

平成27年も終わりを迎えようとしていますが、皆様年の瀬をいかがお過ごしでしょうか。

今年は県政では総務企画常任委員会副委員長拝命を始めとして、大変やりがいのある仕事を多くさせていただきました。

また、4月には2度目の県議選を迎え、皆様の温かいご支援のもと当選の栄を受けることができました。

今年も多くの皆様にお世話になりまして、大変感謝しております。
来年も変わらぬご支援ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

皆様にとって来年一年が幸多い年となりますことを衷心より祈念いたします。

(金井康夫事務所より)

わいわいクラブ クリスマス会

子育てサロン「わいわいクラブ」のクリスマス会にお招きいただきました。

IMG_8394ボランティアの皆さんによるクリスマス曲演奏です。

IMG_8393今回サンタさん役をご一緒した白沢町の池田さんです。

IMG_8384最後に皆さんと記念撮影です。
とても楽しいひと時を過ごすことができました。
ありがとうございました。

地域衰退の最大要因は人口減少です。
安心して子供を産み育てられる環境整備が急務です。
群馬県議会議員として頑張って参ります。

(金井康夫事務所より)

根利地区 鳥獣害対策

利根町根利地区の牧場にて、シカの食害が酷いということで、群馬県農政部、沼田市利根支所それぞれの職員が現地調査を行いました。

DSCF3521シカが牧草を食べてしまって、酪農者にとって甚大な被害を受けています。

広大な土地を利用しての、囲い込み捕獲を始めとして、県と市とが連携して対策を検討されるそうです。
効果的な対策を期待したいですね。

(金井康夫事務所より)

鼓腹撃壤

みなかみ町後閑の書家・池田恵泉先生より、事務所へ「鼓腹撃壤」という書をいただきました。

DSCF3518これは、中国の古典『十八史略』の言葉で、「腹を鼓(つづみ)うち、壤を撃つ」と読みます。
これは、食べ物を口に含みながら腹鼓を打ち、壤という昔の遊具をたたいている様子で、人民が為政者の存在を意識しないほど幸福で、理想の政治を意味しています。

池田先生の作品は、第67回毎日書道展の毎日賞を受賞されました(http://www.mainichishodo.org/syodoten/67_sakuhin.php?awid=670078)。

毎日書道展は、出品数3万点を超える日本で最大規模の公募展です。
戦後間もない1948年、書道芸術の普及、発展を目指し、国内書壇と毎日新聞社の協力で創設されました。
漢字、かな、近代詩文書、大字書、刻字、篆刻、前衛書と、書の全部門を網羅しています。
主催する一般財団法人毎日書道会は、文化勲章受章者や毎日芸術賞受賞者ら日本を代表する書家を先達に、全国で1万人を超える賛助会員で構成されています(公式HPより)。

今回も総出品3万3412点でして、池田先生はその内209人の毎日賞に選ばれ、国立新美術館にも展示されるという、大変稀有な才能の持ち主なのです。

池田先生、ありがとうございました。
群馬県民の「鼓腹撃壤」を目指して頑張って参ります。

(金井康夫事務所より)

 

 

平成27年度 地元県議会議員を囲む教育懇談会

年末恒例の地元県議を囲む教育懇談会が開催されました。

DSCF3489地元県議と小中学校の先生が懇談するというのは利根沼田だけとのことです。

DSCF3495まずは利根郡選出・星野寛県議より県政報告です。
家庭教育の支援・こどもの未来特別委員会のお話をされました。

IMG_8234

今回は合併特例債についてお話をしました。
平成16年に旧沼田市と白沢村・利根村が合併したわけですが、それから10年間で19億円しか使われませんでした。
ところが、今後5年間で90億円を使う計画を沼田市は立てています。
今まで1年間で1.9億円だったものが、1年間で18億円になるわけですから、10倍の公共工事がこれから行われるということです。
この事実を学校関係者の皆さんにも頭にとどめていただければと思い、今回お話をしました。

DSCF3504

皆さん、ありがとうございました。

(金井康夫事務所より)

川田地区県政報告会

川田地区にて県政報告会を開催いたしました。

IMG_8202師走のお忙しい中、お集まり頂いたみなさんには感謝いたします。

各々の方々と意見交換もすることができて、よき時間を過ごすことができました。

沼田市民の願いを群馬県へ届けるのが県議の仕事です。

今後もこうした活動を続けて参りたいと思います。

(金井康夫事務所より)