群馬県浄化槽協会

群馬県浄化槽協会の通常総会にお招きいただきました。

そこで、お話を拝聴したのですが、現在県内に約25万基の単独処理浄化槽が存在しているとのことでした。
単独処理浄化槽は、合併処理浄化槽の何と8倍もの汚水を出してしまうのです。

今年なら、単独から合併処理浄化槽へ転換すれば、10万円のエコ補助金が出ます。
先着1500基限定だそうです。

水源地群馬としても、この問題にはこれからも考えていくべきでしょう。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です