厚生文化常任委員会 県内調査

所属する厚生文化常任委員会にて県内調査を実施いたしました。

IMG_2110

まず、群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクを訪問いたしました。
群馬県総合スポーツセンター伊香保リンクは、県内唯一の400メートルリンク(屋外)とアイスホッケー等に対応可能な屋内リンクの2施設を有し、本県のスケート及びアイスホッケーの拠点施設として、県民の体力の向上と健康の保持増進並びに競技力向上及び冬季スポーツの普及振興を図ることを目的として設置されており、平成18年度からは、渋川市が指定管理者として管理運営を行っています。
施設の老朽化が進んでいたが、平成23年度のインターハイ開催に伴い、屋内第1リンクの改修工事が実施されています。
また、平成27年1月~2月に開催される第70回国民体育大会冬季大会では、スケート競技会・アイスホッケー競技会の会場となるため、平成26年度にリンクの改修及び冷凍システムの更新等の整備が行われました(県議会調査目的より)。

IMG_2113

 

IMG_2103

 

IMG_2107

 

IMG_2106

 

IMG_2098

 

続いて、前橋市の県立心臓血管センターへ。

県立心臓血管センターは、昭和15年に県立教員保養所として開設され、以後、県立前橋病院、県立循環器病センター、県立心臓血管センターと改称され現在に至っています。
専門的な医療スタッフと高度な医療機器により、循環器領域全般において高度専門医療を提供しており、平成23年3月には「植込型補助人工心臓実施施設」に認定され、重症心不全に対する植込型補助人工心臓治療が実施されています。
また、平成27年1月には、カテーテルを使用する内科的治療と切開を伴う外科的治療を組み合わせた施術が行える「ハイブリッド手術室」が設置され、最先端の心疾患治療を実施することが可能となります。

FullSizeRender

心臓弁狭窄症の手術も開胸せずに手術をすることができます。
北関東でも、初の設置です。
患者負担が大幅に軽減できるのです。

IMG_2119

 

IMG_2117

 

冬季国体の成功、群馬県の医療技術の発展を願うばかりです。
そのために努力いたします。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です