自由民主党沼田支部 特別講演会・研修会のご案内

自由民主党沼田支部主催の特別講演会並びに研修会のご案内です。

昨年より北朝鮮による断続的なミサイル発射、あるいは不審船の相次ぐ漂着、また原発の再稼働と、日本海近県の群馬県にとって、危機が身近に迫っています。
特に、米軍による北朝鮮への爆撃が現実味を帯び、戦後日本は大きな岐路に立たされています。
そこで、今回参議院議員の青山繁晴先生をお迎えして、「2018~どうなる日本 群馬県の危機管理」と題して、特別にご講演をいただきます。

青山先生は、1952年に兵庫県生まれました。
早稲田大学政治経済学部卒業後、共同通信社記者となりました。
その後、三菱総合研究所研究員を経て、2002年に独立総合研究所を設立さました。
そして、2016年には、参議院議員比例区に当選されました。

青山先生は、安倍晋三自民党総裁より直々に出馬を打診された訳ですが、何と支持団体を取り付けるという話を断られたそうです。

≪西暦二〇一六年夏の選挙に、おのれでは全く考えていなかった出馬となったとき、支持団体を付けるというお話を断りました。支持団体に推されて出馬すれば、その団体の既得権益を守る議員になってしまう。だから支持団体はゼロ!
すると団体の本部や全国の支部の人々を回ったり、夜の会合につき合う必要がない。
ぼくは後援会も作りません。だから後援会の会長や幹部に気を遣うこともない。政治献金はどなたからも、どこの組織や企業からも、ただの一円も受け取らず、政治資金パーティも一切、開かないから、どこにも借りを作ることもない。さらに選挙活動も全くやらず、党内の派閥にも都道府県連にも一切、属しませぬ≫(青山繁晴『危機にこそぼくらは蘇る【新書版 ぼくらの真実】』扶桑社新書より)。

これは政治家として驚愕のことであり、同時に強みでもあります。
実際青山先生は自身の信念に基づき、縦横無尽に国会内外で自由に発言され、活動をされています。

テレビ等でお見かけした方も多いでしょうが、せっかくの機会ですから、生の講演を是非聞いてみてください。
入場無料で、どなたでも参加できます。
何卒宜しくお願い致します。

日  時 : 平成30年 3月10日(土)午後5時~「特別講演会」 午後6時~「研修会」
会  場 : セレモニーホール優花 ぬまた会館(群馬県沼田市横塚町1969-1、TEL:0278-23-3317)

※ご参加される場合は、自由民主党沼田支部までお電話(0278-22-2771)にてお申し込みください。

 

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です