玉原湿原のミズバショウ食害対策に係る相談 パート2

当事務所にて、中曽根康隆代議士をお迎えし、利根沼田自然を愛する会より玉原湿原のミズバショウ食害対策に係る相談を受けました。

2010年ごろより、沼田市の玉原地区における主にシカによるミズバショウの食害被害が酷くなっています。

玉原地区は国有林を沼田市が借り受けているものでして、国(環境省)への働きかけがまず必要となっていきます。

中曽根代議士には国の関係機関によく確認をしていただいて、国と県と市とで密に連携して対処して参りたいと思います。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です