武尊山山開き式

川場村で武尊山山開き式が行われました。

武尊山は、日本百名山に数えられ、利根沼田はもとより、群馬県を代表する山です。
この夏は是非、武尊山までお越しいただければと思います。

なお、登山者の増加に伴い、「山の怖さを知らない登山初心者」や「経験を過信し体力の衰えを認識しない中高年登山者」による山岳遭難事故が発生しています。
このため、登山者に「自分の力量にあった山選び」を促し、山岳遭難事故の防止に役立てるため、群馬県と群馬県山岳団体連絡協議会は、「群馬県 山のグレーディング」を作成しました。
詳細は、下記リンク先の表をご覧下さい↓
http://www.pref.gunma.jp/01/g3500213.html

平成28年2月29日に一般質問で取り上げて、作成することができました。
県観光局と県山岳団体連絡協議会に感謝です。

一人でも多くの方に参考にしていただき、山岳遭難事故が少なくなれば幸いです。

(金井康夫事務所より)

第17回沼田中央ロータリークラブ旗中学生野球大会

沼田中央ロータリークラブ旗中学生野球大会が開催されました。

総合開会式は、さわやかな晴天のもと行うことができました。

この中学生の皆さんが、将来甲子園に出場されたり、プロ野球選手になれば幸いですね。
これからも頑張ってください。

(金井康夫事務所より)

一般社団法人沼田青年会議所創立45周年記念式典

沼田青年会議所の創立45周年記念式典が行われました。

関係者ら約260人が集い、盛大に行われました。

沼田青年会議所の皆さんは、若さをもって利根沼田を変える原動力だと思います。
これからも益々ご活躍されますことを祈念致します。

(金井康夫事務所より)

第46回食生活改善大会

食生活改善大会が開催されました。

県議会議長の代理、厚生文化常任委員長として出席致しました。

食生活改善に寄与された方々に表彰も行われました。
長年の活動に対しまして、深く敬意と感謝を申し上げます。

食は生活を支える根本的なものの一つです。

県民皆さまがしっかりとした食事を摂り、健康に生活できますように、厚生文化常任委員長として環境整備に努めて参ります。

(金井康夫事務所より)

群馬県護国神社奉賛会 理事会・評議員会合同会議

群馬県護国神社奉賛会の理事会・評議員会合同会議に出席致しました。

明治維新以来の国難に際し、尊い生命を捧げて私たちをお守りくださった方々の神霊を奉斎するために、明治42年群馬県招魂会が結成され、高崎公園内に英霊殿が建立されて年々盛大に招魂祭が執行されてきました。
昭和14年この祭祀を継承して、群馬県護国神社を造営することなり、挙県一致のもとに御造営にとりかかり、多額の浄財と述べ12万人の勤労奉仕もあって、遥かに皇居に向かって現境内地に御社殿を御創建され、昭和16年11月19日支那事変に到るまでの3,573柱の祭神を合祀し鎮座祭が執行されました。
その後、大東亜戦争関係の祭神を次々と合祀して、その数は47,000柱を超え、県民崇敬の新しい祭事が営まれています。

祖国を思い、家族を思い、日本国を継続していただいた先人に感謝致します。

国家のために亡くなる方々は、国家の長い歴史の中でごく僅かです。
であるからこそ、特別なご加護が必要となるのです。

先人の方々に尊崇の念を抱くことを忘れず、群馬県議会議員として頑張って参ります。

(金井康夫事務所より)

沼田小学校区 自主防犯パトロール隊 顔合わせ会

 沼田小学校区・自主防犯パトロール隊の顔合わせ会 が行われました。

沼田小学校区各町内の自主防犯パトロール隊並びに区役員さんから現状の取組や課題について報告があり、各々町内の状況を知ることができました。

子どもが安心して登下校ができ、安心・安全のまちづくりができるのは、自主防犯パトロール隊の皆さんのおかげです。
ありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。

(金井康夫事務所より)

池田地区 鳥獣害対策デモンストレーション

以前のブログで報告した池田地区の鳥獣害対策ついて、地元でデモンストレーションが行われました。

今回、専門業者による、シカ・イノシシ対策用のワイヤーメッシュ・金網柵の設置作業を拝見させてもらいました。
地形により、ワイヤーメッシュと金網柵を使い分けます。

地元市議、地元りんご組合、園芸協会役員、県・市担当職員、立ち会いのもと行われました。

資材を搬入して地元の方のみで設置すれば、設置を外注した場合に比べて、コストを抑え、逆にコストが浮いた分柵の距離を延ばすこともできます。

もちろん設置を地元の方が行えば作業分は負担になりますので、どういった方法を選ぶのかは、地元の方々でよく検討していただければと思います。

(金井康夫事務所より)

【お知らせ】平成29年度ぐんま手話言語条例研究集会

「手話言語条例がめざすまちづくり」をテーマとして、平成29年度ぐんま手話言語条例研究集会が下記の要領で開催されます。

日時:平成29年7月9日(日)13時30分~16時40分(受付13時00分開始)
会場:群馬会館ホール(前橋市大手町2-1-1)

※詳細・申し込みは下記リンク先をご覧ください。
http://www.pref.gunma.jp/02/d42g_00011.html

手話が言語であるとの認識に基づき、手話に関する基本理念を定め、行政機関等の責務及び役割を明らかにし、手話に関する施策の推進を図ることなどを目的として、群馬県でも平成27年に「群馬県手話言語条例」が制定され、一定の成果をあげています。
その後、各市町村でも、前橋市、中之条町、渋川市、みどり市、大泉町、桐生市、高崎市、館林市と制定が続いています。
手話を言語と認識し、円滑なコミュニケーション手段の確保を推進するために、今後この流れをより一層進めていかなければなりません。

ぐんま手話言語条例研究集会について、ご興味のある方は是非ご参加していただければ幸いです。

(金井康夫事務所より)

下之町 点字パネル整備要望 解決

沼田市下之町地内・国道120号沿い歩道の上の点字パネルを整備して欲しいという要望を承ったのですが、解決しました。

以前は一枚パネルが剥げ、他も傷んでおり、いつ剥がれるか分からない状態でした。

おかげさまで新しいパネルを仕入れていただいて、整備してもらいました。

これで目の不自由な方も安心して歩くことができますね。

対応していただいた沼田土木事務所の皆さん、ありがとうございました。

(金井康夫事務所より)

TERRACE沼田完成イメージ図

2019年7月の供用開始を目指している庁舎等複合施設TERRACE沼田(旧GB21)の完成イメージ図が、沼田市役所1階市民ホールに展示されています。

旧GB21とは思えない設計だと良く分かります。

沼田市役所へお越しの際は是非ご覧になっていただければと思います。

(金井康夫事務所より)